大きくなった時に見せたい♪子どものアルバムを作るときのポイント

子どもの写真は、たくさん撮りためておこう♪

すぐに大きくなってしまう子どもの時は、できるだけ多くの写真を撮りためておくことがおすすめです。子どもが大きくなった時に、写真を見ることで親の愛情を実感することができるでしょう。学校行事には多く参加するようにして、運動会などの写真は後々見ると楽しめるので特におすすめですよ。集合写真の購入は、高くても全て買っておくと良いでしょう。子どものその時その時の成長は、二度と見ることができないかけがえのないものです。お友達と仲良く写った写真は、いつしか子どもの宝物になることでしょう。

シーン別に分けると後々見やすくて便利♪

運動会や遠足、授業参観など・・・シーン別にアルバムを作って保管することで、学年が変わった時やその次の年に写真をとった時、区分するのがとても楽になります。また、笑顔の写真、泣いている写真、などその表情に合わせたアルバムを作ってみても面白いでしょう。ひとつひとつ丁寧に写真を選択し、わが子のアルバムを作ることは想像以上に楽しめること間違いなしです!子どもが大きくなったら、一緒にアルバム作りをしてみるのも楽しいかもしれません。

2枚印刷してオリジナルストーリーを作るのも楽しい!

お気に入りの写真はあえて2枚印刷しておいて、一枚はアルバムに保管して、もう一枚はオリジナルストーリーを考え、挿絵のようにしてノートに貼り付け保管してみてははいかがですか?子どもが主人公のストーリーを考え、ページごとに合った写真を貼り付けて行くことで絵本のようなノートを作ってみると、親子共に楽しめると思いますよ!子どもの成長に合わせて物語を作り、成人式や結婚式などの節目に渡せば感動してくれること間違いなしです。

学校写真とは、学校で行われたイベントの写真をインターネットやスマホから選択して注文できるサービスです。