固定費を削減できる!?レンタル会議室を活用する

会議室はデッドスペース

会議室をたくさん持っていても常時使用する場所ではないためにデッドスペースになることが多いです。自社ビルに入居している場合には特に問題はないのですが、それが賃貸で入居しているビル等であれば企業にとっては問題になります。バブルがはじけてから企業が意識するようになった経費削減という部分から考えると、普段使用しない場所に対して賃料を支払うことは無題に過ぎず、その代替案があるのであれば、その部分を割愛して経費を削減することがベターと考えます。

賃貸料という固定費を削減できる

昨今の企業ではそのように考えることが多いようです。何故なら、そのような企業のニーズを感知した企業が貸会議室というビジネスを初めているためです。賃貸で入居している場合には、借りる部屋の大きさによって賃料が変わることが一般的ですので、会議室を借りないことで借りる時よりも安くなります。しかも事務所の賃料は経理的には固定費と言われており、営業成績が良くても悪くても同じ経費額だけかかるもので、削減が難しいと言われている種類のものです。

必要な時に借りる会議室

固定費を削減できることは企業にとっては利益を出す効果が非常に大きいです。会議室を賃貸スペースとして含めなくなったとしても、会議室を使用したい時にはレンタル会議室や貸会議室を活用することで、必要な時に料金を支払って利用することができます。固定費として支払い続けるよりも経済的でしかもレンタル会議室等はプロジェクター等をはじめとして会議に必要な備品がそろっているために、自社からパソコン等のOA機器類を持ち出さなくでも利用できるので非常に便利です。

神戸で会議室を用意するには、交通上のアクセスの良い立地を選ぶことはもちろん、施設内の環境にこだわることが大事です。