あなたはどれにする?ウェディングドレスの大まかな種類

ウェディングドレスとライン

ウェディングドレスは様々な形があります。将来どれを着ようと想像している方もいるでしょう。ウェディングドレスには「ライン」というものがあり、そのラインに沿ってデザインが施されます。そのラインごとに「見え方」がありますので、どういう風に自分を見せたいかを決めるには、このラインを考える必要があります。体系や目的によってこのラインが変わっていきますので、ラインの大まかな種類を覚えて、大体のイメージを持っておくと良いでしょう。

体系別。ウェディングドレスのライン

まず有名なのはプリンセスラインです。これはウェディングドレスの王道ともいえるラインです。誰にでも着こなせるデザインで、妊娠中の方にもお勧めできるラインです。人魚のようなスタイリッシュな形はマーメードライン。しなやかな曲線美を演出できるので、スタイルに自信のない方でも着こなすことができます。エンパイアラインは身長の低い方向け。身長を高く見せてくれます。Aラインも人気のドレスです。体系やデザインが豊富なので、様々なドレスがあります。

主役になれる日!自分の着たいドレスを身に纏って

ウェディングドレスは、自分が主役になれる日に着るドレスとも言えますね。そんなとても大切な日に着るドレスですから、ラインやカラー、モチーフやテーマなどを、悔いの残らないよう、日ごろからよく考えておくと良いでしょう。お母さんやおばあちゃんのドレスを、リメイクをお願いして着るのも素敵ですね。自分の思い出だけではなく、結婚式に来られた方の思い出になるようなウェディングドレスを着ることができたら素敵ですね。

ウェディングドレスは女性なら誰しもが憧れるものです。レンタル、セミオーダー、フルオーダー…後悔しないよう、妥協せずに選ぶことが大切です。